子が狭い辺りから使っていた10ご時世一品の敷布団をなんとか買い換えました

うーん、タイトルを書いているだけでも、だいぶ忍耐したなぁとしみじみ思ってしまいましたが…

前日、10年齢ぶりに敷布団を乗換えました。
せっかく、だ。
というのも、10年齢手前、身がいまだに狭い子ども達と眠るのにダブルの布団を購入したんですね。
上記が3歳、部下が0歳だったかな。
それからさらにおんなじ布団をつぎ込み続けたわけですが、その理由はと言うと、下の子どもが何だかおねしょが治らなかったんです。

徐々に敷布団がからっきし板のように、いわゆるこれがせんべい布団かと言うほどに平たくなってしまっても、おねしょして汚されたらと思うと新設布団はどうしても手にできず、実にとっても短く治れ〜と念じていました。

そして今日になり、やっと!
必須今後はおねしょしないと確信していよいよ確保に至ったんです。
やっとこのせんべい布団、布団包括でごまかしていたけれど、綿を包んで掛かる布が洗いざらい敗れて無残なときの布団でした。

ちなみに、今日ってダブルの布団はかなり売ってなくて、ニトリで軽くて低いのを買ったんですが、うーん、大きい。
値段がではなくて、階層からのところがだ。
とても薄っぺらの布団で寝ていたので、普通のお布団が階層から激しく捉えちゃって思わずそれほど眠れませんでした。

そのうち慣れるかな?

あとは、こういう古めかしい布団ですがやたら古臭いし、粗大ごみは稼ぎ加わるので、裁縫用のはさみで狭く切って分割して普段ごみに表すという大職務が残ってるので手掛けるぞー。

実は日記いっぱいの布団、いままで有難う!酵素 授乳