素晴らしい我が娘とお留守番をしたことについて

今日は、PTAのエグゼクティヴカンファレンスがあり、マミーが18時半ごろに出かけて行った。そのため、それ以降は、息子と留守番をしていた。夕飯は、息子のリクエストでオムライスを作った。息子の大大好きであったので、残さず食べてくれてよかった。さらに、スモールバスケットボールをやっていて、身長が伸びてほしいから、おっぱいを飲ませた。私の身長が180cmあるので、ある程度は上がるとおもうのだが、多少なりとも身長が高くなってほしいと思っている。食べ物を食べながら、現在遠足で行った鳥獣園のことを話してもらった。組織目的で園内を回ったそうだが、甚だ楽しかったようである。階級に馴染んでいないのかなと心配したひとときもあったが、同士も数多くできたようでよかった。20時ごろ眠たくなったようで、布団に連れて行って寝かせた。小学2年生なのに、甘えん坊なので、胴を早くフィフティフィフティと叩いてと寝かせたら、あっという間に寝てしまった。まったく幸せなタイミングであった。惜しくもしたら思春期になり、この時間も無くなってしまかもしれないので、今のこの時期を大切にしたいと思った。アコム インターネット

今日もおいしいカツカレー屋くんを探して三千里

かしこいカツカレー屋くん巡りをしてた。
どうしてにカツカレーかというと、単純に一石二鳥だから。
しかし、どこも一長一短、ん??似たような味だ。

カレー核とカツ、とも美味いカツカレー屋くんは見つからない。
つまり、ほとんどの店先はカレー核は十分にチェックしてるのに、カツのプライオリティーはどの店先も小さい。

しかし、横浜市に残る”●ん●”はがんらいトンカツ屋くんだけあって、
カツは逸品!! なんだけど、カレー核はん??? なんでかなぁ・・。
でも、とんかつ屋くんだからとんかつに賭けるうまい核と辛子が食膳にあるし、
その核と辛子をトンカツにつけて、ごはんと一緒に食べる。
これだと、とんかつ定食を食べていらっしゃるような感じになった。

食べる順序としては、ひとまずトンカツに核と辛子をかけて傾ける。
後日、残るカレーのルーと白いごはんをカレーライスとして食べる。

なんかよくわからない意味が迷宮な食べ方だった。
店先の下っ端もおかしな面持ちをしていた。ミュゼ 100円