昔に宝物だったプルプルのフルーチェ。

乳幼児頃ににおやつで食べていた「フルーチェ」。
ミルクと添えるてさっとかき混ぜると、間もなくプルプルにつながるフルーチェだ。
昔に一番贔屓だった味はイチゴなのですが、ピーチも同じくらい贔屓でした。
でも今では、いろんな種類のフルーチェがあるのを知ってしまいまして、驚いてあるところです。
ミルクが刺々しいからはなはだ含めるだけで直ぐ叶う。
身は出来上がったフルーチェを4つのちっちゃな箱に分けて、仲間は直ちに食べて、空間はラップして冷蔵庫で冷ますのです。
ミルクで作っているから次の日までには食い切るようにしています。
ヨーグルト感覚でグラノーラやとうもろこしフレークを上にのせて食べると、ほんのりリッチな気分になるのです。
そして朝飯にも済むなって思います。
大人になってミルクを買って呑む機会がほとんどなかったから只今、ミルクを買ってる自分が不思議です。
いろんな種類のフルーチェを全品制覇したいと思っているのですが、できるかな。
およそ、食べ過ぎないように気をつけて、フルーチェは私の楽しみのひとつに決める。http://www.igroupcal.com/musee-hige/

音質の高さとがたいと調音について学習しました

サウンドのことなどについて勉学しました。振幅は、バイブレーションの射程のことです。バイブレーション度数は、1秒間に振動する数のことです(ごとはHz)。サウンドは高さ、がたい、メロディーによって区別することができます。サウンドの違いは振幅、サウンドの違いはバイブレーション度数と関係があります。元凶のサウンドより幅広いサウンドは、振幅はが大きいです。元凶のサウンドよりしょうもないサウンドは、振幅が可愛いだ。元凶のサウンドよりおっきいサウンドは、バイブレーション度数が多いです。元凶のサウンドより小さいサウンドはバイブレーション度数が少ないです。ギターと木琴のおんなじがたいのサウンドでも、見受けることができるのは、メロディーが違うためです。バイブレーション度数が倍になるとサウンドが1オクターブ高くなります。次は、サウンドの強さについてだ。dB(デシベル)は、サウンドの苦労のがたいを表します。10dBふえると、サウンドの苦労は10倍になります。0dBは、やっと聞こえるサウンドだ。20dBはささやき声のがたいだ。40dBは静かな院内のがたいだ。このようなことを覚えましたが、いろんなことを知れて良かったです。ミュゼ 400