僕と彼氏の共通点は、自動車贔屓とモータースポーツ

あたしは、20歳のカレッジ2年生だ。

一方、付き合って1ご時世半にのぼる家内は30歳だ。

あたしと彼には10歳の年代差があり、たまにはジェネレーションギャップを思えることもあります。

しかし、あたしと家内にはマイカー好みやモータースポーツ尽力をしているという、共通の嗜好があります。

あたしは小学校のところ人前科観戦で、マイカー工房に行ったことがきっかけで、マイカーに興味を持ちました。

それから、家族でカー競争を見学に赴き、私もマスターレーシングドライバーになろうと決意して、昨今に至るまで約10通年競争尽力を続けています。

一方家内は、幼い時からとにかぬ足がオススメスポットで、マイカーの免許を売る前でもとにかく運転したくて、レーシングカートを購入し、サーキットで乗っていました。

そして、私も家内は近所のカート課程で出会ったのです。

出会った状態、あたしは8歳、彼は18歳だった結果、あたしにはざっと会った記憶はありません。

しかし、以前に友人の紹介で、あたしと家内は知り合いました。

それから、個人的に連絡を取ったり、2人で出かけたりした結果、3ご時世ほど前から吐露されていて、いよいよあたしがOKしたという感じです。

こんな家内とは1ご時世半ほど続いていて、お互いに成婚も考えています。

あたしは未だに教え子なので、カレッジを習得したら同棲やるスケジュールだ。

そういった家内と今夏に、2人で競争仲間入りできることになりました。

初の2人での仲間入りになりますが、誇らしげなのではなはだ楽しみです。

いつまでもそんな幸せなつながりを続けられるように、これからもお互いのことを憧れ試したいと思います。http://www.waddellforsenate.com/

お茶のペットボトルを買わなくなって更に数年

ペットボトルの飲物はしばしば貰うのですが、お茶を買う事に対してはそこそこ反抗があります。以前は普通に飲んでいたのですが、自宅でティー荷物で作るようになってから内面が変わってきたのです。
2リットルのペットボトルというのは購入してもいやに重くて、いつか自宅でティー荷物の麦茶を作っていたことを思い起こしたのです。そこでティー荷物のウーロン茶を買ってみると驚くほど経済的で焼けることを知ったのです。これならば恐ろしい外敵もありませんし、何カ月も有するので「最初からこうやればよかった」と思いました。
含める入れ物も同じ時期に購入しました。100円で並べるカタチもいいのですが、まさか奮発して横にしても見落としずに冷蔵庫に入れられるタイプを購入しました。これは使ってみると正に便利で、上の方にティー荷物を添える点があってクリーニングもしやすいので重宝しています。夏場は麦茶に講じるつもりでいる。紅茶もいいなあ、とも思っています。キレイモ 9500