音質の高さとがたいと調音について学習しました

サウンドのことなどについて勉学しました。振幅は、バイブレーションの射程のことです。バイブレーション度数は、1秒間に振動する数のことです(ごとはHz)。サウンドは高さ、がたい、メロディーによって区別することができます。サウンドの違いは振幅、サウンドの違いはバイブレーション度数と関係があります。元凶のサウンドより幅広いサウンドは、振幅はが大きいです。元凶のサウンドよりしょうもないサウンドは、振幅が可愛いだ。元凶のサウンドよりおっきいサウンドは、バイブレーション度数が多いです。元凶のサウンドより小さいサウンドはバイブレーション度数が少ないです。ギターと木琴のおんなじがたいのサウンドでも、見受けることができるのは、メロディーが違うためです。バイブレーション度数が倍になるとサウンドが1オクターブ高くなります。次は、サウンドの強さについてだ。dB(デシベル)は、サウンドの苦労のがたいを表します。10dBふえると、サウンドの苦労は10倍になります。0dBは、やっと聞こえるサウンドだ。20dBはささやき声のがたいだ。40dBは静かな院内のがたいだ。このようなことを覚えましたが、いろんなことを知れて良かったです。ミュゼ 400