今日もおいしいカツカレー屋くんを探して三千里

かしこいカツカレー屋くん巡りをしてた。
どうしてにカツカレーかというと、単純に一石二鳥だから。
しかし、どこも一長一短、ん??似たような味だ。

カレー核とカツ、とも美味いカツカレー屋くんは見つからない。
つまり、ほとんどの店先はカレー核は十分にチェックしてるのに、カツのプライオリティーはどの店先も小さい。

しかし、横浜市に残る”●ん●”はがんらいトンカツ屋くんだけあって、
カツは逸品!! なんだけど、カレー核はん??? なんでかなぁ・・。
でも、とんかつ屋くんだからとんかつに賭けるうまい核と辛子が食膳にあるし、
その核と辛子をトンカツにつけて、ごはんと一緒に食べる。
これだと、とんかつ定食を食べていらっしゃるような感じになった。

食べる順序としては、ひとまずトンカツに核と辛子をかけて傾ける。
後日、残るカレーのルーと白いごはんをカレーライスとして食べる。

なんかよくわからない意味が迷宮な食べ方だった。
店先の下っ端もおかしな面持ちをしていた。ミュゼ 100円